検事長挨拶

最終更新日:2021年7月26日

検事長略歴

画像の代替テキストを入力ください。

高松高等検察庁検事長
山 上 秀 明
(やまがみ ひであき)

昭和35年広島県生まれ
昭和62年検事任官(横浜地方検察庁)
東京地方検察庁特別捜査部長,松山地方検察庁検事正,最高検察庁検事,東京地方検察庁次席検事,東京高等検察庁次席検事,最高検察庁公安部長,東京地方検察庁検事正などを経て,令和3年7月から現職
 

検事長挨拶

 高松高等検察庁の山上でございます。
 高松高等検察庁のホームページにアクセスしていただき,ありがとうございます。
 四国管内の勤務は2回目で,出身地にも近いことから,とてもなじみがあり,大変住みやすい土地柄であると感じています。
 検察は,事案の真相を明らかにし,刑罰法令を適正かつ迅速に適用実現するため,重大な役割を担っています。近年,IT関連等急速な技術革新やその広がりが目覚ましく,検察としての役割を果たすためには,専門性の向上を図ることが不可欠であり,幅広い知識の習得に努め,日々の業務遂行に活かしていける組織作りを進めてまいりたいと考えています。
 また,犯罪被害者への支援,再犯防止,児童虐待事案等の諸課題にも,関係機関との連携の下,取り組んでまいりたいと思っています。
 皆様の御理解と御協力をよろしくお願いいたします。

高松高等検察庁 管内検察庁の所在地・交通アクセス
〒760-0033 高松市丸の内1-1 高松法務合同庁舎
電話:087-821-5631(代表)
<img height="1" src="/cgi-bin/Counter.cgi/h_takamatsu/" width="1"alt="" />