やってみませんか?法教育授業

最終更新日:2016年6月23日

  法教育とは,法律の専門家ではない一般の人々が,法や司法制度,これらの基礎になっている価値を理解し,法的なものの考え方を身につけるための教育のことです。
 当庁では,中学校等で利用できる法教育授業の補助教材を提供しています。
 また,法教育授業の実施に当たり,職員を派遣することも可能です。
 詳しくは,下記に掲載したリーフレットをご覧ください。

※画像をクリックすると拡大表示します。

法教育授業の実施例

~中学校社会科の授業において模擬裁判を実施する場合~

90分で実施する場合(※50分で実施する場合) 
 1 刑事裁判についての説明(20分) (5分)
 2 生徒による模擬裁判(25分) (20分)
 3 評議(20分) (15分)
 4 生徒による発表(15分) (5分)
 5 まとめ・講評(5分) (5分)


                                   
※ご要望に応じて所要時間を調整することも可能です。
                            

補助教材

補助教材1 『模擬裁判をやってみよう』

補助教材2 『正しい行動をする意志と勇気

※法教育に関する詳しい内容については,法務省ホームページにて,ご確認ください。
http://www.moj.go.jp/housei/shihouhousei/index2.html

本ページに関連する情報

  内容についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
   仙台地方検察庁総務部広報担当
       電話:022-222-1448(直通)
       受付時間:月曜日~金曜日9:00~17:00(祝日を除く)

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。Adobe Reader ダウンロードページ
※上記プラグインダウンロードのリンク先は2015年3月時点のものです。

仙台地方検察庁 管内検察庁の所在地・交通アクセス
〒980-0812 仙台市青葉区片平1丁目3番1号
電話:022-222-6151(代表)