法教育プログラム

最終更新日:2015年8月31日

法教育とは

 法教育とは,法律専門家ではない一般の人々が,法や司法制度,これらの基礎になっている価値を理解し,法的なものの考え方を身につけるための教育です。
 検察庁では,中学校等で利用できる法教育授業の補助教材を提供しています。
 また,法教育授業の実施に当たり,検察官・検察事務官を派遣して協力することも可能です。

参加人数

 クラス単位,学校単位など個々の相談に応じます。

開催日時

 個々の相談に応じます。
 ※事務等の都合により,日程調整をさせていただく場合があります。

開催場所

 学校等のご希望の場所

プログラム内容

 法律関係者と教育関係者が共同開発した教材「正しい行動をする意志と勇気」(2人の少年が引き起こしたひったくり事件を題材にしたもの)を使用して行う4部構成の法教育授業となっています。
 詳しくは, 「やってみませんか☆役に立つ法教育授業」をご覧ください。
 学年や授業時間によって,内容の変更が可能ですので,お気軽にご相談ください。
※法教育プログラムをご希望される場合は,原則として,実施希望日の2か月前までにお申し込みをお願いいたします。

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。Adobe Reader ダウンロードページ
※上記プラグインダウンロードのリンク先は2015年3月時点のものです。

名古屋高等検察庁  所在地・交通アクセス
〒460-0001 名古屋市中区三の丸4丁目3番1号
電話:052-951-1581(代表)