検事長挨拶

最終更新日:2019年9月19日

小川検事長

 広島高等検察庁検事長
  小 川 新 二 (おがわ しんじ)

 昭和32年 栃木県生まれ
 昭和59年 検事任官
 岐阜地方検察庁検事正,法務省矯正局長,最高検察庁監察指導部長,最高検察庁公安部長,高松高等検察庁検事長などを経て,令和元年9月から現職

 近年,刑法犯の件数は減少傾向にありますが,理不尽な重大殺傷事犯が相次ぎ,特殊詐欺,あおり運転といった人々に不安を与える卑劣な事犯も続いています。
 検察の使命は,犯罪の真相を解明し,罪を犯した人の適正な処罰を実現し,被害の回復などを通して社会正義を実現することにあります。広島高検は,管内5つの地検を指導・支援する立場にあり,各地検が警察などの関係機関と連携し,社会正義を実現することで,皆様が安心・安全に生活できるよう,精一杯努めて参ります。児童虐待事案や再犯防止対策等の分野では,地方自治体を始め関係行政機関や地域の関係団体との連携にも率先して取り組んでいきたいと思います。さらに,検察の組織運営の面でも,時代に合った仕事の仕方を模索し,検察官や検察事務官の指導や育成を充実させるなど,頼り甲斐のある検察組織を実現していきたいと思います。

広島高等検察庁 管内検察庁の所在地・交通アクセス
〒730-0012 広島市中区上八丁堀2番31号 広島法務総合庁舎
電話:082-221-2451(代表)