広報活動のご案内

最終更新日:2017年8月15日

広報活動について

秋田地方検察庁では,より多くの皆さんに,検察へのご理解ご協力をいただけるよういろいろな広報活動をしております。
場所や時間などは,いかようにも調整いたします。ぜひご利用ください。

移動教室プログラム

学校などにおける社会科などの教育の一環として,教室から外に出て社会において自ら体験したり,見学しながら学習するというものです。

主な内容としまして
  ○検察庁の業務説明
  ○広報用DVDの視聴
  ○検察庁の庁舎内見学(庁舎の一部のみ)
  ○検事の講義
  ○検察庁や検察官に関する質疑応答
などとなっております。
ご希望により,刑事裁判傍聴プログラムと合体して行うこともできますが,裁判が行われる日時でなければ実施できないため,日時が限定されます。
広報用DVDの視聴については,数種類のDVDをご用意していますので,目的に合わせてご覧いただけます。
移動教室の申し込みについては,最少1名から最大30名程度まで受け付けております。
人数やプログラムの時間によって様々な組み合わせができますし、学生さんだけでなく,社会人の方も受け付けています。
  

刑事裁判傍聴プログラム

実際の刑事裁判の傍聴を行うものです。
傍聴前に検察庁での刑事裁判などの説明や,傍聴後に検察庁での質疑応答なども併せて行うことができますが,裁判が行われる日時でなければ実施できないため,日時が限定されます。

出前教室プログラム

検察庁から講師が集会場所や学校に出向きまして,検察庁の説明や検察庁及び検察官に関する質疑応答、広報用DVDの上映などを行うものです。

裁判員制度説明会

集会場所や学校などに出向きまして,裁判員制度広報DVDの上映,裁判員裁判の説明,質疑応答などを行っております。

法教育に関する教員研修

小学校・中学校・高等学校・大学の先生へ対して、法教育に関する教員研修を行っています。
申込み下さった先生方に検察庁にお集まりいただき、法教育に関する各種講義などの受講・裁判所の見学等をしていただくものです。


法教育に関する教材・資料などはこちら

広報DVDの貸し出し

『裁判員制度-もしもあなたが選ばれたら-』(上映時間約58分)

中村雅俊監督・出演の裁判員制度についてのドラマ <BR>         内容紹介:平凡なサラリーマン小林靖雄(西村雅彦)のもとに一通の手紙が届けられます。「あなたは裁判員候補に選ばれました。」・・・裁判員制度の概略をたどりながら,そこに参加するごく普通の人々を描いています。 中村雅俊監督・出演の裁判員制度についてのドラマ 
内容紹介:平凡なサラリーマン小林靖雄(西村雅彦)のもとに一通の手紙が届けられます。「あなたは裁判員候補に選ばれました。」・・・裁判員制度の概略をたどりながら,そこに参加するごく普通の人々を描いています。 

『総務部総務課山口六平太-裁判員プロジェクトはじめます!-』 (上映時間約23分)

林律雄・高井研一郎原作の裁判員制度についてのアニメ <BR>         内容紹介:裁判員制度の開始を翌年に控えた2008年の冬,六平太の上司,有馬係長が裁判員候補に選ばれます。「小生は裁判なんてイヤだ!」動揺しまくる有馬が逃げ出さないよう一計を案じる六平太。果たして総務課はプロジェクトを無事完了させることができるのか!?そして裁判員として法廷に臨んだ有馬はどうなる!?  <br>     <br>       ※このコンテンツは、第三者が著作権を有しています。 当該第三者から著作権の利用の許諾を得るに当たっては、法務省刑事局総務課(03-3580-4111)にお問い合わせください。林律雄・高井研一郎原作の裁判員制度についてのアニメ 
内容紹介:裁判員制度の開始を翌年に控えた2008年の冬,六平太の上司,有馬係長が裁判員候補に選ばれます。「小生は裁判なんてイヤだ!」動揺しまくる有馬が逃げ出さないよう一計を案じる六平太。果たして総務課はプロジェクトを無事完了させることができるのか!?そして裁判員として法廷に臨んだ有馬はどうなる!?  
 
※このコンテンツは、第三者が著作権を有しています。 当該第三者から著作権の利用の許諾を得るに当たっては、法務省刑事局総務課(03-3580-4111)にお問い合わせください。

『法と正義の守り手・検察庁』 (上映時間約20分)

内容紹介:小学6年生の男の子を主人公に,ドラマを通じて,警察と検察との違いや検察の役割について,分かりやすく説明しています。

『被害者とともに』(上映時間約27分)

内容紹介:日常,誰にでも起こり得る事件を想定して,被害者等通知制度や検察とはどのような所で,何の為に存在するのか,刑事裁判において,どうして被害者の方の協力が必要なのかを,分かりやすく説明しています。

『検察の役割-社会正義の実現のために-』 (上映時間約23分)

内容紹介:ある殺人事件を通じて,捜査・公判における検察官の職務や刑事手続の流れなど,検察の役割について説明しています。

『クローズアップ検察』 (上映時間約25分)

内容紹介:検察にはどのような部署があり,そこで働く人々はどのような仕事をしているのかを詳しく説明しており,独自捜査や研修制度にも触れています。

秋田地検広報関係お問い合わせ先

○ファクシミリまたは郵送によるお申し込み
申請書をダウンロードしていただき,ファクシミリまたは郵送にて送付してください。
      申込書ダウンロードはこちら     

○メールによるお申し込み
       メール送信はこちら     

○お申込み・お問い合わせ
   〒010-0951
     秋田市山王7丁目1番2号
     秋田地方検察庁企画調査課 広報担当
     電話 018-862-9129
     FAX 018-862-5891

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。Adobe Reader ダウンロードページ
※上記プラグインダウンロードのリンク先は2015年3月時点のものです。

秋田地方検察庁 管内検察庁の所在地・交通アクセス
〒010-0951 秋田県秋田市山王7丁目1番2号
電話:018-862-5581(代表)