検事正の紹介

最終更新日:2019年9月17日

よしいけ    ひろつぐ
吉池 浩嗣

略歴
 昭和63年検事任官。各地の検察庁等に勤務後,法務省大臣官房審議官,東京地検公安部長,大阪高検総務部長,神戸地検次席検事,高知地検検事正,大津地検検事正を経て,令和元年9月から現職。

御挨拶
 検察は,法と証拠に基づき,刑事事件の真相を解明し,不正を見逃すことなく適正な刑罰を科すことにより社会正義を実現することを始めとして,公益の代表者として様々な権限を適切に行使することにより,自由で豊かな社会の基盤となる法秩序を維持し,社会の安全と安心に貢献していくことを使命としています。
 私たちは,このような検察の原点に立ち帰り,個々の事件に真摯に向き合い,誠実かつ丁寧に捜査・公判を遂行していくことが何より大切であると考えており,これを一つ一つ積み重ねることによって,国民の方々から信頼され,期待される検察を築きたいと思っています。
 捜査・公判は,検察だけで行うものではなく,警察等の関係機関との連携が不可欠であることはもちろんですが,捜査や裁判に御協力いただける国民の方々の支えがあってこそ十分な成果が得られるものです。そのような国民の方々の御協力を得るためにも,信頼され,期待される検察でありたいと願っています。
 長崎地検では,職員一同,力を合わせ,関係機関とも協力しながら,その職責を十分に果たし,犯罪のない安全で安心な市民生活の実現に全力を尽くして参りますので,どうか皆様の御理解と御支援をよろしくお願いいたします。

長崎地方検察庁 管内検察庁の連絡先・交通案内
〒850-8560 長崎市万才町9番33号
電話:095-822-4267(代表)