検事正紹介

最終更新日:2017年8月17日


髙 嶋 智 光(たかしま のりみつ)

 昭和36年生まれ
 北海道出身

略歴
 
平成元年検事任官
 東京・青森・静岡・千葉・新潟などの各地検,最高検察庁,法務省,旧大蔵省,司法研修所,内閣官房等の勤務を経て,平成29年7月,法務省大臣官房審議官から松山地検検事正に異動

愛媛県に着任して
 
北海道出身のため,かねて気候温暖な瀬戸内地域に住むことに憧れておりました。愛媛には歴史的名所も多く,チャレンジングな山もありますので,当地に赴任することとなり大変嬉しく思っております。

検事正としての抱負
 検察は,刑事事件の捜査・公判を通じて刑罰法令を適正かつ迅速に適用し,社会の安全・安心を実現する使命を担っています。最近は,捜査・公判そのもののみならず,再犯防止に向けた入口支援(起訴猶予や執行猶予となったが戻る場所がない者等の福祉的支援へのつなぎなど)や被害者・被害者遺族への支援等にも力を入れております。
 松山地検としては,これらの業務を着実に執行し,みなさんが安心できる安全な地域づくりを目指します。どうか御理解・御支援いただきますようお願いいたします。
 

松山地方検察庁 管内検察庁の所在地・交通アクセス
〒790-8575 愛媛県松山市一番町4丁目4番地1
電話:089-935-6111(代表)