検事長のあいさつ

最終更新日:2017年9月14日

東京高等検察庁検事長の写真


い な だ    の ぶ お
稲  田  伸  夫


 経歴
 昭和31年 奈良県生まれ
 昭和56年 検事任官
 法務省大臣官房人事課長,山形地方検察庁検事正,法務省大臣官房長,法務省刑事局長,法務事務次官,仙台高等検察庁検事長を経て,平成29年9月7日就任

 東京高等検察庁のホームページにアクセスしていただきまして,ありがとうございます。
 私ども検察の使命は,日々発生する犯罪に対し,適正な捜査・公判活動を通じて,その事件の真相を明らかにし,罰すべきものについては公訴を提起して,適正な刑罰権の実現を図ることにあります。これにより,安全・安心な社会作りに貢献するというものです。
 当庁管内には11の地方検察庁(東京,横浜,さいたま,千葉,水戸,宇都宮,前橋,静岡,甲府,長野及び新潟地方検察庁)が配置されていますが,管内各地検が処理する被疑事件処理件数は全国総数の4割近くにも上り,凶悪・重大な事件も数多く発生しています。
 当庁は,これら管内の検察庁を指導・監督するとともに,自らも東京高等裁判所における刑事裁判などに対応しております。国民の皆様のご期待に応えられるよう,管内の検察庁とも協力しながら一つ一つの事件に適切に対処して参りますので,ご理解とご協力をお願いいたします。

東京高等検察庁所在地・交通アクセス
〒100-8904 東京都千代田区霞が関1-1-1 中央合同庁舎6号館
電話:03-3592-5611(代表)