坂義人らによる犯罪収益の取得につき事実を仮装した事件に係る被害回復給付金支給手続終了のお知らせ

開始決定年月日:2021年5月13日

終了決定公告内容 (PDF形式 : 49KB)

支給手続は終了しました。

 坂義人らによる犯罪収益の取得につき事実を仮装した事件に係る被害回復給付金の支給手続(東京地方検察庁 令和3年第1号及び第2号)は,令和3年10月8日をもって支給手続を終了いたしました。

○ 上記支給手続を終了する決定に不服がある場合には,犯罪被害財産支給手続終了決定公告があった日の翌日から起算して30日以内に,東京地方検察庁検事正に対して審査の申立てをすることができます(提出先は下記 問合せ先 のとおり)。
○ 当該決定の取消しの訴えは,審査の申立てに対する裁決を経た後でなければ提起することができませんが,次のいずれかに該当するときは,当該裁決を経ずして当該決定の取消しの訴えを提起することができます。
     審査の申立てがされた日の翌日から起算して3月を経過しても裁決がないとき。
     支給手続を終了する決定,決定の執行又は手続の続行により生ずる著しい損害を避けるため緊急の必要があるとき。
     その他裁決を経ないことにつき正当な理由があるとき。
○ 当該決定の取消しの訴えは,当該決定に係る裁決書の謄本の送達を受けた日から30日以内(送達を受けた日の翌日から起算します。)に,国(代表者は法務大臣となります。)を被告として,東京地方裁判所に提起しなければなりません。

問合せ先等

    〒100-8903
    東京都千代田区霞が関1-1-1 
      東京地方検察庁 総務部 犯罪被害財産支給手続担当
       電話03-3592-5611 内線4392

東京地方検察庁 管内検察庁の所在地・交通アクセス
〒100-8903 東京都千代田区霞が関1丁目1番1号
電話:03-3592-5611(大代表)