裁判員裁判対象事件の起訴情報

最終更新日:2019年10月16日

 平成21年5月21日以降,前橋地方裁判所に起訴した事件(裁判員が裁判官と一緒に刑事裁判に参加する事件)は,次のとおりです。(同地方裁判所において公判係属中のもの)

起訴日,罪名,事案の概要を掲載

注)わいせつ事犯については事案の概要は掲載しておりません
・令和元年10月16日
(1)罪名:覚せい剤取締法違反,関税法違反
(2)罪名:国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律違反
(3)罪名:覚せい剤取締法違反
 氏名不詳者と共謀の上
(1)営利の目的で,令和元年8月23日(現地時間),外国から,覚せい剤約5426.19グラムを輸入しようとしたが,東京税関職員に発見されたため,その目的を遂げなかった。
(2)同年9月5日,被告人方において,あらかじめ覚せい剤として交付を受けた物品相当量を所持した。
(3)営利の目的で,同日,前記被告人方において,覚せい剤約301.96グラムを所持した。

・令和元年10月4日
 罪名:殺人
 令和元年9月15日午後9時7分頃,群馬県安中市所在のV方において,実父である同人(当時76歳)に対し,殺意をもって,その左胸部を包丁(刃体の長さ約18.3センチメートル)で1回突き刺し,同月17日午後2時20分頃,同県高崎市所在の病院において,同人を胸部刺創に起因する出血性ショックにより死亡させて殺害した。

・令和元年9月6日
  罪名:強盗致傷
令和元年8月3日午後11時頃,前橋市所在の駐車場において,自動車から降車したV(当時43歳)に対し,その正面から近付き,いきなり同人の髪の毛を左手でつかみ,同人が左肩にかけていたトートバッグを引っ張り奪おうとしたが,同人が抵抗したので,トートバッグを強く引っ張って同人を転倒させる暴行を加えてその反抗を抑圧し,同人から現金5万6000円及び携帯電話機等10点在中のトートバッグ1個(時価合計約7万円相当)を強取し,その際,同人に加療約6週間を要する左橈骨尺骨遠位端骨折,両下肢擦過傷の傷害を負わせた。

・令和元年9月3日
 罪名:強盗致傷
 令和元年6月17日午後11時48分頃,前橋市内の歩道上において,同所を自転車に乗って通行中のV(当時43歳)に対し,背後から,その背部を手で押して,同人を自転車もろとも路上に転倒させる暴行を加え,その反抗を抑圧した上,同人所有又は管理の現金約2万9000円及び財布等16点在中の手提げバッグ(時価合計約2万6700円相当)を奪い,その際,前記暴行により,同人に加療約16日間を要する頸部挫傷及び右前額部擦過傷等の傷害を負わせた。

・令和元年7月17日
 (1)罪名:住居侵入,わいせつ・生命身体加害略取,監禁致傷,殺人未遂
   令和元年6月25日午後零時30分頃,Vに暴行を加えて失神させた上,自動車で連れ去ってわいせつな行為をした後殺害する目的で,群馬県高崎市所在のV方玄関から侵入し,前記Vを床に引き倒してその腹部に馬乗りになり,その頸部等にスタンガンを数回押し付けて通電したが,同人が失神しなかったため,殺意をもって,同人の背後からその頸部に右腕を巻き付けて絞め付けた上,仰向けに倒れた同人の頸部にタオルを巻き付けて強く絞め付けて,同人を失神させたものの殺害するに至らず,さらに,同日午後零時50分頃,失神した同人を同所付近に停車中の自動車内に連れ込み,同所から同車を発進させて,同市内の路上まで走行させ,引き続き,同日午後4時35分頃までの間,同所において,同人を自己の支配下に置くとともに同人が同車から脱出することを不能にさせ,もってわいせつ及び生命に対する加害の目的で同人を略取して同人を不法に監禁し,その際,同人に全治まで約2週間を要する頸部切創,頸部熱傷,顔面皮下血腫及び結膜出血の傷害を負わせた。
 (2)罪名: 銃砲刀剣類所持等取締法違反
    同日午後4時35分頃,同市内に停車中の自動車内において,刃体の長さ約17センチメートル及び刃体の長さ約16センチメートルの包丁2本を携帯した。

・令和元年6月20日
 罪名:強等致傷
 金品を強奪しようと考え,令和元年5月30日午後1時28分頃から同日午後1時30分頃までの間,群馬県太田市所在の会社内において,V(当時68歳)に対し,左手でその胸ぐらをつかみながら,右手に持ったはさみをその左胸部等に突き付け,「金を出せ。」などと言い,同人をその場に転倒させるなどの暴行・脅迫を加え,同人の反抗を抑圧した上,同人所有の現金4930円及びフィルムケース1個在中の革袋1個(時価合計約105円相当)を奪い,その際,前記暴行により,同人に加療約14日間を要する左顔面切創,左前胸部擦過傷等の傷害を負わせた。

・平成31年4月26日
 罪名:殺人未遂
 平成31年1月8日午後4時14分頃,前橋市所在の被告人方において,実子である被害者(当時14歳)に対し,殺意をもって,同人の頸部に携帯電話機の充電器コードを巻き付けて絞めたが,同人に全治不詳の意識障害,脳梗塞等の傷害を負わせたにとどまり,殺害の目的を遂げなかった。

本ページに関連する情報

裁判員裁判対象事件の公判予定はこちら

前橋地方検察庁 管内検察庁の所在地・交通アクセス
〒371-8550 前橋市大手町3-2-1
電話:027-235-7800(代表)