広島地方検察庁
Hiroshima District Prosecutors Office

広島地方検察庁検事正の挨拶

広島地方検察庁検事正

  くぼ   た   もり  お
   窪 田 守 雄

略歴 昭和56年検事任官
東京高等検察庁公安部長,奈良地方検察庁検事正,水戸地方検察庁検事正を経て,平成24年7月から現職

 広島は、今年も暑い夏を迎え、市内の平和記念公園周辺では、夾竹桃(きょうちくとう)がピンクや白の可憐な花を咲かせています。
 夾竹桃は、原爆投下後の広島でいち早く開花し、復興のシンボルとして市民に親しまれたといいます。そして、昭和48年に広島市の花に制定されました。
 広島市内は、このほかにも早春の「こぶし」の白い花や、春の「はなみずき」の赤、ピンク、白い花など、季節に応じて街路樹が美しい花を咲かせ、人々の目と心を和ませてくれます。
 こうした花を愛し大切にする市民・県民の皆さんを思うとき、改めてその安全、安心を守る検察の責務に身を引き締めています。

          平成26年7月
           広島地方検察庁検事正
窪 田 守 雄



トップページへ