検事長紹介

最終更新日:2017年4月28日

略歴

画像の代替テキストを入力ください。

上野 友慈 (うえの ゆうじ)

昭和32年 福岡県生まれ
昭和58年検事任官
那覇地検検事正,最高検検事,大阪地検次席検事,最高検公安部長,大阪地検検事正などを経て,平成29年4月17日就任
 

あいさつ

 札幌高等検察庁検事長の上野です。
 私は,北海道での勤務は初めてですが,管内地方検察庁とともに,北海道の皆様の期待に応えることができるよう,全力を尽くしたいと考えておりますので,どうぞよろしくお願いいたします。
 私ども検察の職務は,日々生起する事件について,適正な捜査・公判活動により,事案の真相を解明し,これに見合った,国民の皆様の良識にかなう,相応の処分,相応の科刑を実現することにあり,日々それを積み重ねることによって,法秩序を維持することにあると考えております。
 このような検察の職責を果たすため,管内地方検察庁と力を合わせ,警察等第一次捜査機関や矯正・保護等の関係機関とも連携し、北海道の皆様が安心して生活できる安全な地域社会の構築に貢献したいと考えております。
 また,改正刑事訴訟法等新たな制度が順次施行されておりますので,新たな制度が適切に運用されるように努めたいと考えております。
 検察の活動につき、ご理解、ご協力をいただきますようお願いいたします。 

札幌高等検察庁  所在地・交通アクセス  各種窓口案内
〒060-0042 札幌市中央区大通西12丁目 札幌第3合同庁舎
電話:011-261-9311(代表)